FC2ブログ
    風来のシレンというゲームがありますが、あれはダンジョンによっては持ち込むアイテムの選別によって生死が左右されたりします。


    ポーカーでも似たようなことがあります。


    ポーカーでの武器といえばどのハンドで参加するのか。


    状況や戦略ごとに人それぞれ参加ハンドは変わります。

    保守的で堅実な人は参加ハンドを絞っていいハンドが来たときに参加します。
    タイトハンドレンジ


    反対に


    とにかく沢山ゲームに参加したい人はどんなハンドでも参加します。
    ルーズハンドレンジ


    雑草でも喜んで持ち歩く。


    ほとんど役に立たないのに。


    こーいうタイプはポーカーでも3番目4番目の強さしかないのに降りずに負けてしまいます。


    なかには豪傑なシレンジャーがいるように雑草を駆使して勝つプレイヤーもいます。
    こういう役に立たないものを役立たせることが出来るプレイヤーはポーカーでも強いプレイヤーになれますね。
    自分もそんなプレイヤーになりたいものです。
    関連記事
    スポンサーサイト




    FC2blog テーマ:ミッドスタックストラテジー - ジャンル:ギャンブル

    [2012/07/10 17:15] | 稼げる理由
    トラックバック:(0) |
    コメント:
    この記事へのコメント:
    コメント:を投稿
    URL:

    パスワード:
    非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    この記事へのトラックバック: