FC2ブログ
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    お久しぶりです。
    年明けから意識不明40度の熱で救急車に運ばれました。
    40代の身ですが70才越えた親のすねをかじっていたツケですね。

    ひきこもって部屋も掃除せずにコンビニやファーストフード
    深夜逆転してポーカーやってましたからね。

    一時は敗血症から多発性脳梗塞となり脳死覚悟してくださいと言われたそうです。
    ぼくはそのころ40度でうなされてウンコたれながしてました。
    病院ではコーラ飲みてーー!とわめいていたそうです。

    病院の処置がよかったのでしょう。集中治療室から一般病棟へ。
    その頃の診断では心臓にばい菌がいって悪さしてるので体力の回復をまって1ヶ月半後に手術
    と。


    んが、あるひ夕食を食べてると
    血相を変えた男性看護師さんが、お膳をとりあげ、両親を呼んで下さい!と
    親父は来ていたのでおかんに連絡。が連絡とれず。

    数時間後、先生と両親が面談。


    僕は緊急手術を知らされました。
    その日エコーの検査があったんですよね。
    エコーの先生は気さくで話しながら検査してたんです。


    そ・れ・が

    エコーの探査能力はハンパねーです。

    緊急事態を発見してくれました。
    抗生剤の点滴でもバイキンマンは死なずに増殖してました。

    先生は夜中にでもそのまま手術したかったそうですが、
    翌日の夜になりました。


    先生からは体力の回復を待っていられる状況ではない
    今の体力で乗り切れるか手術が成功するかはわからないと言われたそうです。
    ご両親で手術するかどうかよく話し合ってくれと。

    敗血症で救急車で入院したときには、脳死を覚悟してくれと言われ
    サインもしたそうです。
    それが、一般病棟に戻れるほど回復してからの緊急手術。
    またしても成功の見込みは不明な状況。


    ショートスタックでブラインドが回ってきました。



    駆けつけてくれたおじさんが、何もしないで、後から
    手術していたら、と後悔するよりはといってくれたおかげで
    両親も手術を承諾したそうです。


    病室で僕は夕食をとりあげられ、ただならない状況に悶々とうなされてました。


    親が来て、先生が来て、話しを聞き

    先生がいなくなり


    親と僕だけになり


    親父がつぶやきました。


    『奇跡を待とう』




    その言葉で僕は死を覚悟しました。
    呑気と言われるかもしれませんが、翌日手術を前にして
    ぼくはその夜熟睡しました。


    よく寝られたもんです。



    もっとコーラ飲みたかったなぁ
    ココイチのカレー食いたいなぁ
    回転すし食いたかったなぁ

    先生は最善のことをしてくれる。
    あとは僕ががんばるだけ。
    僕の体力、僕の身体、なんとかどうにかもってくれ。

    手術の前に麻酔医の先生が説明に来ました。
    僕が医龍みたいな状況ですね。というと先生は笑ってくれました。


    実際麻酔されたときには、
    ひと~~つ、ふた~~~つ、みぃいいいいい~~ちゅ。はい、落ちたぁ!
    はありませんでしたが、気がついたら僕は




    生きてました。


    全身から、口から、鼻からお腹から、ポコチンまで管が入った状態で。




    その後、看護師の美人な方にうんこ処理してもらったり
    おしっこもらして、シーツ代えてもらったり
    シャワーで背中流してもらって、おむつ替えてもらって
    鼻水たまってたのを勢いよく、ティッシュ当ててもらった
    看護師さんがのけぞるほどあふれんばかりの鼻水をだしたり
    リハビリがきついと言って看護師さんと軽く言い合いになって
    あなたがやらなきゃ誰がやるの、私も引かないからね。
    といわれてシュンとなったり。



    なんやらかんやらして半年経って退院してきました。
    今は障害者1級となりました。
    福祉手当が月当たり1万ちょっと頂ける身です。
    障害者年金も8万ほど頂けることになるはずでしたが、
    年金をぜんぜん払ってこなかったので手当てのみです。

    現在42、70を越えた親にしがみついて生きてきました。



    手術直前もショートスタックでしたが、今現在もショートスタックです。



    ただ手術前よりは、今のほうが、まだ可能性はあります。


    もらった命、拾った命、助けてもらった命です。




    今、こうしてブログが更新できるまでなって自分でも驚いています。
    もっと自分が驚けることをしていきたいと思います。


    それが親、姉ちゃん、お祖父さん、おじさん、おばさん、親父の同級生、親父の仕事つながりの方々
    スーパーのおばさん、おかんの知り合いの方々。先生方、看護師の方々。僕の友人。
    近所の方。病室で一緒になった方々。みんなへの恩返しになると。


    あきらめたら終わりですよ。
    自分が変れば周りが変る。


    ポーカーはこれからしないと思いますが、よろしくお願いします。
    ストラテジーから何かのキャンペーンでもらったチップセットがでっかい、
    そして重いハードケース付きであります。
    ヤフオクやったことないですが、出そうかと思ってます。
    あと、ポーカー本はブックオフに入れてきました。1000円の値がついたものもありました。
    まだ一冊あるので、これもブックオフしてこようと思います。


    では、ポーカーを愛するみなさまにご武運を。


    関連記事
    スポンサーサイト

    [2015/06/07 14:51] | 未分類
    トラックバック:(0) |


    -
    奇跡の生還おめでとうございます。
    自分も同年代として人ごとではないなぁと、しみじみ実感しました。
    ポーカーはもうやめてしまうそうですが、また気がむいたら帰って来て下さい。


    Re: タイトルなし
    ミギー
    > 奇跡の生還おめでとうございます。
    > 自分も同年代として人ごとではないなぁと、しみじみ実感しました。
    > ポーカーはもうやめてしまうそうですが、また気がむいたら帰って来て下さい。

    コメントありがとうございます。
    同年代のお方ですか。
    僕が言うのもなんですが生活習慣て大事ですね。
    ポーカーが嫌になった訳ではないですから。
    ポーカーをされてる方はみな戦友と思っています。
    ポーカー本は売ってしまいましたが、ひゃっほうや、らいつべはお気に入りに入ったままです。
    戻る日が来た時にはどうぞよろしくお願いします。


    コメント:を閉じる▲
    コメント:
    この記事へのコメント:
    奇跡の生還おめでとうございます。
    自分も同年代として人ごとではないなぁと、しみじみ実感しました。
    ポーカーはもうやめてしまうそうですが、また気がむいたら帰って来て下さい。
    2015/06/08(Mon) 11:26 | URL  |  #-[ 編集]
    Re: タイトルなし
    > 奇跡の生還おめでとうございます。
    > 自分も同年代として人ごとではないなぁと、しみじみ実感しました。
    > ポーカーはもうやめてしまうそうですが、また気がむいたら帰って来て下さい。

    コメントありがとうございます。
    同年代のお方ですか。
    僕が言うのもなんですが生活習慣て大事ですね。
    ポーカーが嫌になった訳ではないですから。
    ポーカーをされてる方はみな戦友と思っています。
    ポーカー本は売ってしまいましたが、ひゃっほうや、らいつべはお気に入りに入ったままです。
    戻る日が来た時にはどうぞよろしくお願いします。
    2015/06/08(Mon) 22:00 | URL  | ミギー #-[ 編集]
    コメント:を投稿
    URL:

    パスワード:
    非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    この記事へのトラックバック:
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。