FC2ブログ
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ヘッズではナッシュが役に立ちますが、似たようなもので
    SAGEというのもありますね。

    ヘッズでどちらかが7bb以下の時
    プッシュ側にしろ
    コール側にしろ
    ハンドを数値化することで

    プッシュするのか
    コールするのか
    フォールドするのか
    決められるシステムです

    ナッシュ表を隣に置いてみながらやったり
    感覚的にやるよりも
    正確にプレイ出来るのでストレスなくプレイ出来ます。

    少ない側のスタック--プッシュ側--コール側
    7bb--26--30
    6bb--25--29
    5bb--24--28
    4bb--23--26
    3bb--22--24
    2bb--21--17

    ビックブラインドはビックブラインドを除いた
    スタックが対象スタックとなります。

    でハンドの数値化は以下の計算で出します
    1、ハンドの大きい数字を2倍
    2、それに小さいほうの数字を足す
    3、スーテッドはそれに2を足す

    ※1:Aは15で数える
    ※2:ペアの場合は
    ペアの数字を3倍して22を足す

    例えば
    AToなら
    A=15
    T=10

    A=15×2=30
    にTの10を足して
    30+10=40
    40がパワーインデックスとなります。
    もし
    ATsなら2を足して42がパワーインデックスとなります。

    TTの場合はペアなのでTを3倍します。
    T=10×3=30
    これに22を加えて52がパワーインデックスとなります





    SAGEで使うパワーインデックスの確認クイズです
    実戦では反射的に使えたほうがいいので回答時間に制限をつけました。


    関連記事
    スポンサーサイト

    [2013/01/17 16:54] | 6人卓ハイパーターボで勝つ
    トラックバック:(0) |
    コメント:
    この記事へのコメント:
    コメント:を投稿
    URL:

    パスワード:
    非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    この記事へのトラックバック:
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。